エアコンは自動運転が節電に効果あり

節電3
毎月の徴収で費用が大きいのが電気代です。
いつもこんなに使った記憶が無いのですが、実感が湧かない分厄介な料金なのです。

 

特に夏のエアコン代は一年で一番費用がかかります。

温暖化や周囲のアスファルト、防犯など明らかに昔と事情が変わり、エアコンはなくてはならない存在になりました。
お年寄りは温度を上手く感知できず熱中症になる危険性が高いため夜は注意しなければなりません。
そこで使う時はしっかり使い、使わない時は使わない、無駄な時は節約することが大切です。

 

エアコンは自動運転にすると電気代が節約できます。

節電2
一気に部屋を冷やそうと低温高速でガンガン冷やしたり、低速でノロノロ運転は逆効果。
室内を適切に、無駄な時間をかけずに設定温度まで下げてくれる自動運転が最適なのです。
設定温度は冷房28度からがお勧めです。なお温度が1度上がると約10%節約効果があるようです。
温暖化対策にも配慮できるし標準サイズの部屋なら十分冷えますが、暑いようなら扇風機と一緒に使うのも良いですね。
節電1

フィルターが埃塗れだと風の通気が悪くなりますから清潔な状態を保ちましょう。
身体に関わることなので、エアコンの場合体調を考慮して無理をせず自分に合った節約をしてください。

 

エアコンだけではありません。

テレビのつけっぱなし、照明器具のつけっぱなしなど何気なく電気を垂れ流してしまいがちなので、必要なければ小まめに消すよう心掛けています。
部屋の照明で大きい物ならLEDに替えるとしっかり節電できます。
節電4
家に何本もあるコンセントですが、節電コンセントにするととても便利です。
節電タップはスイッチを切るだけでいい優れもので、いちいちコンセントを抜く面倒臭さから解放されます。
冷蔵庫は熱を持たさないために壁から少し離しましょう。それだけでも節約になります。
温度調節は夏は強く、冬は弱く季節によって調整します。

 

無理なく無駄なくシンプルな生活を送るように努めたいです。

家族団らんも出来る上に電気代大幅ダウンの方法とは!?

電気代が一番かかるのは、エアコンです。
エアコンを全く使わないのが、一番の節約ですが、
そんな事をして、体調を崩したり、イライラしてしまっては本末転倒にもなりかねません。
そこで、なんとかエアコンの利用を最小限にするためには…というと、

 

ちょっと、強引な感じもしますが、リビング一部屋だけエアコンを使用するという方法です。

 

これは、ファミリー世帯限定の電気代節約法となりますが、
それぞれの部屋でそれぞれがエアコンを使用してしまうと、かなりの電気料金になってしまいます。
単純に考えて、3部屋あれば、3倍の電気使用量になります。
更に、温度調節もそれぞれ勝手に設定してしまうので、
ビックリするような温度設定にされている場合があります。
温度設定によっても、電気代は変わってきます。
それを一部屋のみの使用にする事で、温度調節も同時に出来てしまうのです。
節電5

冷房の場合、男性は低い温度に設定にしがちです。
それを防ぐ事が可能となります。
一部屋あれば、そこで、勉強や食事、そして就寝さえも可能かもしれません。

 

そして、更に最近、話題となっているエアコンをつけ続ける節約法を一緒に行えば、更に電気代節約効果アップです。

一部屋つけておけば、別室が暑かったり、寒かったりしても、
すぐに移動すれば、それほど不快な気分になる事はありません。
それに加えて、一部屋にする事で、他の電化製品に関しても電気量を抑える事が出来ます。
これまで、それぞれの部屋で使用していたテレビ、そして、明かりなど…。
これらもまとめて、節約できる事になります。
この方法にすれば、みんなで一緒に過ごす時間も増えるので、
同時に家族団らんの機会も増える事、間違いなしです。
節電6

わが家は、この方法を実践した結果、昨年よりも20%ほど電力量ダウンとなりました。
かなり、効果があるので、ファミリー世帯の電気代節約にはおすすめです。

一度、実践してみると意外と団らんも楽しいかもしれません。

 

ピックアップ

電力自由化によって自分のライフスタイルに合わせて電気代を節約できるようになってきています。
また2017年にはガスの自由化もはじまり、これから電気代を安くする方法はどんどん増えていきそうです。

 

https://eneshift.jp/このようなエネルギー関係の比較サイトで情報を集めておくのも良いかもしれません。