主婦の方必見。子供の成績はUPさせつつ、電気代を減らす方法。

節電7
おそらく家庭の主婦の方が節約を考える時、第一に考える所は食費です。そのため、節約を意識している方は、もう既に食費は節約していると思います。次に節約できるところは何でしょうか。

 

そう、電気代です。もし電気代を節約しながら、お子さんの成績もUPするという方法があるとしたら、どうしますか。試してみてみたいと思いませんか。実はそんな一石二鳥な方法がありますので、ご紹介します。

 

お子さんはお勉強をどこでされていますか。ご自分の部屋でというお子さんが多いのではないでしょうか。

それは止めて、リビングの食卓で勉強をさせましょう。

多くのご家庭でリビングにテレビなどがあるかと思いますが、お勉強しているお子さんがいる時、テレビはダメですよね。これで、子供部屋の電気代と冷暖房代と日中から夕方にかけてのテレビ代がカットできます。電気代がカットできるだけじゃないかと思われるかもしれませんが、「子供部屋にいる=勉強している」ではありません。親の目の届くところで、しっかり勉強させましょう。
節電8
勉強している間、親は何をしているかというと、親もできるだけ食卓に座り、子供の勉強に付き合います。勉強するには勉強に気持ちが向く雰囲気というものがあります。親自らが集中して本を読むなり、語学や資格取得のための勉強をするなりして、勉強する姿を見せましょう。

そして、分からないところは、その場その場で教えましょう。食事の用意とかはどうするの?と思われるかと思いますが、食事の下準備を含め、電気料金の安い夜のうちにできるかぎり家事は済ませます。これで、電気代の節約もできますし、食事の用意も簡単になります。

 

リビングで勉強させたり、親が勉強につきあうことが、学力UPにつながるというのは、これまでにも多くの方がおっしゃっていることです。この方法を生活に取り入れると、実は電気代の節約にもなります。ぜひお試しになられて、電気代とお子さんのテストの点数の両方から喜びを感じましょう。