四人家族で1ヵ月の電気代5000円。我が家の工夫しているところ。

節電20
我が家は幼稚園児と乳児の子供がいる四人家族です。

 

夏場、冬場以外は電気代が月5000円程で済んでいます。
夏場などエアコンを使って増えたとしても7000円くらいです。

 

実家の母は二人しか住んでいないし、日中は仕事でいないにも関わらず電気代が1万を超える!と嘆いていたのでもしかしたら我が家は安いほうなのかな?と思いました。

 

そんな我が家で工夫している点をご紹介します。

 

@なるべくみんな同じ部屋で過ごす。

節電18
我が家の間取りは2LDKです。リビングで家族みんながのんびり過ごすことが理想だったので、電気代うんぬんよりリビングが広い家を選びました。

日中、子供たちも私自身も家で過ごすことが多いですがみんな同じ部屋で過ごすことによって電気を使う部屋がひとつで済みます。
エアコンを使うにしても、1台で済むから必然的に電気代もかかりません。

また、日当たりを活かして午前中は電気を消していることもあります。
みんな同じ部屋で過ごすと、会話も生まれて親子でコミュニケーションがとれるのでそういう点でも良かったです。

 

A夏場のエアコンの温度、冬場の暖房器具に気を付ける。

年々と暑くなっている夏場の気温。扇風機だけでは暑すぎる日もありますよね。我が家では、エアコンの冷房温度は基本的に27〜28度に設定しています。
また、風量は一番弱くし、そのぶん扇風機で空気を循環するようにしています。
節電19

暖房器具の場合、温度設定は26〜28度です。あまりつけすぎると乾燥が気になるので、室内でエアコンの力を借りて洗濯物も干します。冬場は外は寒くて乾かないこともあるので、浴室乾燥機を使うより暖房の力を借りた方がお得になります。

 

また、暖房はエアコンだけに頼らず、寝る前に布団へ湯たんぽをいれておいたり家の中で厚着をしたり、靴下をはいたりしてなるべく自分の力で体を温めるようにしています。そのほうが体にも良いですしやはり昔ながらの方法は地球にも体にもお財布にも優しいです。

 

以上、我が家のちょっとした節約術でした!