電気代を安くする為には供給元を検討し家電の使用方法の検討とちょっとした知恵を使ってみる

電力の自由化によりまして、様々な事業者が電力の小売り事業に参入してきていますので、暮らしている地域の事業者で電気代を安く提供するところを探し出しまして、そこと契約することで電気代を安くすることができます。

 

古い家電は新しい省エネタイプに買い換えると共に、家電の使用法でも節約することができます。

例えば、冷蔵庫は冷凍室に霜が着いて氷のように張り付くと電気を多く使ってしまうので、シーズンが終わった頃で晴れている日に、中身を全て出して電気を切って外で霜を溶かすことも電気代の節約になります。

 

クーラーはこまめに電気を入れ切りすることは逆に電気を使いますので、扇風機を使って空気を攪拌しながらクーラーを使うと電気代の節約になります。
節電23
洗濯機は時短モードを賢く使い、晴れて乾きやすい日にはすすぎにかかる時間を短くして洗濯することを永く続けると、電気代の節約になります。

 

照明器具はLED照明にして、パソコンやテレビの待機電力を減らす意味でも、使わないときはコンセントから外すと節約になります。

 

夏の日差しをゴーヤなどのグリーンカーテンで塞ぐ方法もありますが、銀色の日よけシートの銀色の部分を外側に向けて窓に張るのも、室内の温度を上げ難くするので電気代の節約になります。
節電21

 

この銀色のシートは保温効果がありますので、冬には布団の中で寝袋のようにそのシートで包まって寝たら、地域にもよりますが電気毛布か電気あんかくらいで十分暖まることができますので、電気代の節約になります。
節電22

電気代を安くするために、オール電化やスマートハウスということも考えられますが、それにかかる費用とその費用を取り戻すまでの節約を何年続ければいいのかを考えて、それでも将来的には節約効果が高いと思えたらオール電化も節約方法のひとつになります。

 

そして究極の電気代の節約方法は、休日はなるべくデパートや公共施設で出かけて、屋外で過ごすようにすることです。

電気代を安くするにはどうしたらいいのでしょうか

電気代を安くするために思考錯誤している人は多いですよね。でも一体どうしたら安くつくのか。子供に口うるさく電気を消しなさいとよく言ってしまうものですよね。
どうにかして安く済ませたいものです。特に夏場はクーラーをつけっぱなしにしている家庭も多いと思いますので、毎月の使用量のお知らせが来るのが怖いと思っているはず。毎日気づいたときに気づいたところから少しずつ
節電24

実はクーラーは少しの工夫で電気代を安く済ませられるんです。

よく聞くのが、クーラーは付けっ放しの方が安くつく。これはよく耳にしますが本当です。何時間も外出するという時はさすがに消した方がいいですが、少し近くに買い物に行く時や、ほんの少し家を開ける時はつけて行った方がいいです。

 

クーラーは部屋を冷やすまでが一番電力を使います。なので一日に何度もつけたり消したりしていると、かなりの電力を使うので、電気代もかなりかかてきます。
節電25
これをするかしないかで毎月の電気代が大幅に変わるので気にかけてみるといいです。あとは室外機です。室外機は真夏だとすごく熱くなっています。日光に当たっていると余計に暑いです。

 

室外機が暑いと、クーラーの効きが悪くなってしまうし、電力もたくさん使います。

なので室外機にカバーなどをかけて日光や暑さから守ってあげることが必要です。
ほかにはフィルターをそうじする。本当は週間に1度のペースで掃除するのが望ましいです。これは、1年間で平均930円の節約につながるというデータもあります。エアコンの寿命も伸びるのですごくオススメです。
節電26
このようにして些細なことではありますが、節約するとこができます。
電気代の基本料金は契約アンペアに応じて高くなるので、電気代を節約するためには契約アンペアを低くするのもいいかと思います。10A基本料金を下げると年間5000円節約できるというデータもあるくらいなので本格的に節約したい人にはオススメです。